コロマンデルアウトドアランゲージセンターは創立以来30年に渡り、

ユニークで質の高い学習環境を提供しています。


IALC member.jpg

国際組織IALC(International Association of Language Centres, 国際語学学校協会)に加盟しています。外国人留学生に質の高い言語教育を提供することを目指す学校のネットワークで、ニュージーランドでの協会加盟校は当校を含め4校のみです。

  International Association of Language Centres (IALC).

コロマンデルアウトドアランゲージセンターはNZQAによりカテゴリー1(質の高い言語学習環境及び公平な自己評価基準を備えた学校)に分類されています。

 Highly Confident judgements for educational performance and Highly Confident/Confident judgements for self-assessment capability


教師紹介

当校の自慢は、資格と経験豊富な質の高い教師陣です。

現在イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド人の教師がいます。最先端の教育方針を取り入れ、英語の向上を目指します。温かくリラックスした雰囲気作りを心掛けていますので、授業中はもちろん授業以外でも英語を話しやすく、自然と英語が身につきます。

 

デリ・コーノル ー 教師統括

資格: Bachelor of Education (Waikato and Massey Universities), Post Graduate Cert TESOL (Massey University).

経験: 教育関係に従事した30年間のうち、18年は外国人に英語を教えてきました。Enviroschool(ニュージーランドの幼稚園、小学校向け環境プログラム)やユネスコ環境プログラムの運営に関わり、地球市民(global citizenship)としての意識と情熱を高めてきました。COLCは私にとって、環境保護に携わる上でも、教育に関わる上でも最高の場所です。

趣味: セーリング、水泳、スノーケリング、地元のビーチやブッシュを楽しむこと

なぜ教師をしているのか?… 人と関わることが好きだからです。学生たちの中の可能性を最大限に引き出し、思いもよらないことを達成するお手伝いが出来ることに喜びを感じます。私の仕事は、皆さんがリラックス出来るようサポートし、「やってみよう!」と思える空間を作ることだと思っています。

コリー・カランダー

資格:CELTA, MA History (Honours) The University of Glasgow, Scotland

経験:CELTA(英語指導者資格)を取得後、エジンバラのサマースクールで働きました。その後イタリアの語学学校で二年間、東京の大学で三ヶ月間教えた後、現在はCOLCで教師をしています。

趣味:ウォーキング、水泳、ランニング(時々)、絵を描く、映画

なぜ教師をしているのか?… クリエイティブで変化に富んだ仕事だからです。学生たちから様々な国のこと、文化を学ぶのも興味深いです。

 


アリスター・ベイリー

資格:RSA Cert TEFLA, RSA Dip TEFLA

経験:イギリス出身。イギリス、フィンランド、スウェーデン、フランス、ニュージーランドにて22年間の英語教育経験があります。うち7年間は主に経営者を対象としたビジネス英語検定準備講座も教えています。

趣味:ウォーキング、水泳そして正しい文法!

なぜ教師をしているのか?… 授業では毎回何が起こるかわからず、常に新しい発見があるからです。


ケイト・ニールソン

資格:Bachelor of Fine Arts (Theatre), University of Victoria, British Columbia; TESL Certificate.

経験:カナダ、ニュージーランドにて17年間の英語教師経験。子供のスピーチや演劇指導

趣味:水泳、歌、サッカー、演劇、読書、お菓子作り

なぜ教師をしているのか?…言語の持つ可能性、美しさとドラマに魅せられているからです。そして自分自身の情熱を他者と共有することにやりがいを感じます。


ティナ・スペンサー

資格:Bachelor of Arts in English Literature, Bachelor of Law, TEFL Cert, Certificate of Adult Teaching.

経験:2002年より、ニュージーランドと中国にて英語教師経験。

趣味:家庭菜園、旅行、持続可能なライフスタイル

なぜ教師をしているのか?…生徒の皆さんと関わりながら、英語の習得という同じゴールを目指すことにやりがいを感じるからです。


スタッフ紹介

ニュージーランドに滞在中、COLCスタッフがあなたの家族になります。

学校のことだけでなく、ニュージーランドのこと、フィティアンガのことなんでもお聞きください。

 

キム・ロウリー (校長)

時々、自分がなぜここにいるのか?と考えることがあります。12年前に誰かが「2014年に君は語学学校の校長になっているよ。」と言ったとしても、まさか信じようとしなかったでしょう。人生はチャレンジに満ちています。そのチャレンジを受け入れるかどうかで、歩む道は決まっていくのです。


ロビン・ロウリー (財務、コルクフェアリー)

30年の酪農業を経て、慌ただしい生活からスローダウンするためフィティアンガへ移住しました。以前からホストファミリーをしていたことも、語学学校に関わることになった理由の一つかもしれません。

担当は財務全般及び「コルクフェアリー(なんでも屋の妖精)」です。会計サイドはもちろん、学校のスムーズな運営に必要な細々したことはなんでも引き受けます。

学生たちの人生がここから変わっていくのを見ること、英語を学ぶだけではなく、人として成長していくのを見ることにとてもやりがいを感じます。


ダイアナ・フランクリン (オフィスマネージャー)

オフィスサイドからスムーズな学校運営をサポートしています。毎日違ったチャレンジがあり、世界中から集まる学生たちとの関わりはとても刺激的です。キウィライフをシェアしながら、この美しいフィティアンガをアピールしていくことで、学生たちのニュージーランドでのアドベンチャーが忘れられないものになれば幸いです。

フィッシングが大好きで、週末は夫と釣りに出掛けるのを楽しみにしています。


ビニース トンプソン (アクティビティコーディネーター)

アクティビティ担当のビニースです。救助隊の資格があり、山岳インストラクターやNZ捜索救助隊での経験があります。英語教師の資格も所持していますので、臨時で授業を持つこともあります。

ニュージーランドの美しい自然に魅せられ、アウトドアに情熱を持っています。スポーツ、特にスノーケリング、スキューバダイビング、セイリングやカヤッキング、登山やスキーも大好きです。


COLCインフォメーション

Fee Protection

クライストチャーチの震災以降、学資資金保護のため、公共信託制度を利用しています。お支払いいただいた学費が不慮の事態においても安全に保護、返金されることを保証します。

Pastoral Care

ニュージーランド教育省(Ministry of Education)の「留学生の生活保障に関する服務規程(Code of Practice for the Pastoral Care of International Students)」により、海外からの留学生が安全で適切な待遇を受ける権利を得るための規定を遵守しています。 NZ Ministry of Education Code of Practice for the Pastoral Care of International Students 

NZQA

学生の達成度には自信があります。ニュージーランドの政府機関NZQA(New Zealand Qualifications Authority)により、学校の安全性からカリキュラム、教師陣やスタッフの質に至るまで厳しい審査を通過しています。New Zealand Qualifications Authority